kageyama taeko

kagetaeko.exblog.jp
ブログトップ
2018年 10月 31日

「夜が幸いであるために」展、終了いたしました。


初台のgallery Zaroffで開催していました
「夜が幸いであるために」展は昨日無事に終了いたしました。

ご来場、誠にありがとうございました!

素敵なタイトル通り可愛くも落ち着きのある展示会でした。
展示が重なっていて在廊ができなかったのですが、
搬入、搬出ともに和やかで魅力的な作品にかこまれ、
搬出後のビールとウ♪☆*ク(!?)が美味しかったです。

ご一緒した作家さまたち、ギャラリーザロフさま、
大変お世話になりました。ありがとうございました。


今回の展示風景はこんな感じでした。


e0302953_11021971.jpg














e0302953_11022381.jpg
















e0302953_11021444.jpg











































.


# by kageyamataeko | 2018-10-31 00:00 | 展示などのお知らせ | Comments(0)
2018年 10月 29日

三人展《ダンセイニ卿の書斎》作品その7


昨日より三人展《ダンセイニ卿の書斎》が始まり、
初日たくさんの方がいらしてくださいました。
どうもありがとうございました!

霧とリボンさまのかっこいい菫色の小部屋で
ダンセイニ作品の奥深さのような絶妙なバランスの
三人展になっています。
今週は穏やかな秋晴れが続きそうなので
お出かけいただけたら嬉しいです。

私の次の在廊予定は11/1(木)14時〜16時です。


作品紹介がまだ終わっていませんでした。
今回は箱の作品です。




「sphinx」
26×18.5×11.5cm 木、アクリル、石粉粘土など
e0302953_19291695.jpg





























e0302953_19292085.jpg
































e0302953_19292435.jpg








































「五十一話集 
 ギゼーのスフィンクス テーベのスフィンクス(マサチューセッツ)」より

五十一話集の中の2つのスフィンクスの話から作りました。
この2つ意外にもダンセイニ作品にはスフィンクスが登場するものが
ありますし、作家の想像力を刺激する存在だったのでしょうか。
「時」それから「謎」・・・。

人形を入れるための「箱」ではなく、
パーツが全て固定された「箱作品」です。

のっぺらぼうも久しぶりに作りました。




作品紹介は次回で最後です。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


霧とリボン企画
ロード・ダンセイニ生誕140周年記念三人展
《ダンセイニ卿の書斎》


 2018年10月28日(日)〜11月3日(土) *10/31(水)休
 13:30〜19:30(最終日18:00まで)

 雲母りほ(絵画・オブジェ)
 村松桂(写真)
 影山多栄子(人形)

[同時開催]村松桂《FLUCTUS》展

霧とリボン 直営SHOP(東京・吉祥寺)
 https://www.kiri-to-ribbon.com/


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー








.







# by kageyamataeko | 2018-10-29 00:00 | 作品 2013年以降 | Comments(0)
2018年 10月 27日

三人展《ダンセイニ卿の書斎》作品その6


三人展《ダンセイニ卿の書斎》いよいよ明日28日から始まります!

搬入時に一足早く拝見した村松さんとりほさんの作品は
うっとりするほど素敵でした。
作品たちが霧とリボンさんのあの菫色の空間で
どんなふうに混ざり合うのでしょう・・・。

初日28日(日)14:30〜17:00在廊予定です。
他には最終日とたぶん木曜あたりになると思います。
詳しくはツイッター twitter@kageyamataeko をご覧下さい。

作品紹介の続きです。


「くろうたどり」
約14cm 石粉粘土、布など
e0302953_20272579.jpg































e0302953_20273070.jpg































e0302953_20273435.jpg









































「五十一話集 くろうたどりの歌」より
くろうたどりって素敵な名前なので架空の鳥なんだろうと思っていたのですが、
「黒つぐみ」のことなのですね。
お話のなかで可愛らしくアツい様子で登場するくろうたどりさんを
ちょっととぼけた不思議な感じに作ってみました。

ダンセイニ卿の作品でもうひとつ、くろうたどりが登場するSF!があるらしいです。
いつか読んでみたいなぁ。


出品作はあと2つあるので、まだ作品紹介は続きます。


深まる秋の一日、ダンセイニ城の一画にある
書斎にぜひ訪れてみてください。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


霧とリボン企画
ロード・ダンセイニ生誕140周年記念三人展
《ダンセイニ卿の書斎》

 2018年10月28日(日)〜11月3日(土) *10/31(水)休
 13:30〜19:30(最終日18:00まで)

 雲母りほ(絵画・オブジェ)
 村松桂(写真)
 影山多栄子(人形)

[同時開催]村松桂《FLUCTUS》展

霧とリボン 直営SHOP(東京・吉祥寺)
 https://www.kiri-to-ribbon.com/


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー






.



# by kageyamataeko | 2018-10-27 00:00 | 作品 2013年以降 | Comments(0)
2018年 10月 26日

三人展 《ダンセイニ卿の書斎》 作品その5


ここからはダンセイニ卿の「五十一話集」から
イメージを広げた作品が続きます。

まず始めは「カロン」



「影の乗る舟」
高さ 約12.5cm 幅 約15.5cm 布、モヘアなど、人形の首にジョイント入り
e0302953_22081078.jpg































e0302953_22081675.jpg































e0302953_22082237.jpg















e0302953_22083061.jpg















































「五十一話集 カロン」より
時という大波を渡るカロンのような、
その舟に乗る小さな影たちような。

人形は舟に固定されています。
首にジョイントが入っていてグルグルと回すことができます。

両面に顔があり、どちらがカロンでどちらが影たちなのか、
あるいはどちらも同じなのか。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


霧とリボン企画
ロード・ダンセイニ生誕140周年記念三人展
《ダンセイニ卿の書斎》

 2018年10月28日(日)〜11月3日(土) *10/31(水)休
 13:30〜19:30(最終日18:00まで)

 雲母りほ(絵画・オブジェ)
 村松桂(写真)
 影山多栄子(人形)

[同時開催]村松桂《FLUCTUS》展

霧とリボン 直営SHOP(東京・吉祥寺)
 https://www.kiri-to-ribbon.com/


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー








.















# by kageyamataeko | 2018-10-26 00:00 | 作品 2013年以降 | Comments(0)
2018年 10月 24日

三人展《ダンセイニ卿の書斎》作品その4


11/2 追記

こちらでのお知らせが遅くなってしまいましたが、
昨日11/1に「こっぱのこ〈ペガーナ〉」を追加納品いたしました。

e0302953_12172822.jpg
























この4こっぱです。
ありがたいことに初日にいたこっぱたちは皆いなくなり、
上の4こっぱも現在、向かって一番左端の子だけになっているようです。

こっぱのこ以外の作品は全て最終日まで展示しています。

幻想的なダンセイニ卿の作品をテーマにしつつ、
それぞれの作風が絶妙なバランスで漂っているような三人展です。
観て頂けたら、嬉しいです。ぜひ♪





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー






作品紹介、続きます。

「こっぱのこ」のダンセイニ&霧とリボンバージョンを
作ってみました。



「こっぱのこ《ペガーナ》」
約1〜3cm 楠、アクリル着彩
e0302953_22364150.jpg























「ペガーナの神々」「時と神々」より
ダンセイニ卿の作品で最初に読んだ「ペガーナの神々」で
何か作りたいと思いましたが、
この美しく壮大な神話を「お人形」で
どう作ったらいいの??と考えた末、
いちばんちいさくて儚く、おかしみもある「こっぱのこ」を選びました。
それぞれどの神か、
というよりペガーナの世界の諸々の破片みたいなものとして。


展示初日、開店時にはこの6こっぱがいます。
途中で追加もしたいと思っています。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


霧とリボン企画
ロード・ダンセイニ生誕140周年記念三人展
《ダンセイニ卿の書斎》


 2018年10月28日(日)〜11月3日(土) *10/31(水)休
 13:30〜19:30(最終日18:00まで)

 雲母りほ(絵画・オブジェ)
 村松桂(写真)
 影山多栄子(人形)

[同時開催]村松桂《FLUCTUS》展

霧とリボン 直営SHOP(東京・吉祥寺)
 https://www.kiri-to-ribbon.com/


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー







.











# by kageyamataeko | 2018-10-24 00:00 | 作品 2013年以降 | Comments(0)